2~3月へ

4~5月(前編)アスパラの命運やいかに!?芽吹きの春本番!

2011年4月1日(金)
絵描き期間を終え、また農家さんの手伝いに復活(4月15日まで)! スイカの接ぎ木をする。また、仕事前と後には納屋の解体も再開。仕事を終え、家に戻って夕方雪の解けた畑を見回ったら、ブルーベリーをはじめとする果樹たちにつぼみが…!! 感動!(ToT)
2011年4月3日(日)
午前10時より、我が地区の春の地神祭。引越してから2度目の春の地神祭だ。神主さんをはじめ、皆のお話は震災のことが中心となった。とにかく、今年も農作業が無事進んでいきますように。
2011年4月4日(月)
農家さんのスイカ畑にいよいよスイカを定植! まずはビニールハウスから。これからどんどん定植が進み、畑が満たされていく。
2011年4月10日(日)
我が地区のゴミ拾い会。袋を抱えて、みんなで川っぺりをゴミ拾い。しかし、結構落ちているもんだ。2時間ちょっとのゴミ拾いだったが、みんな和気あいあい。楽しかった(^-^)
2011年4月11日(月)
朝、仕事前にポットに植えてあるアスパラたちに水やり。
2011年4月12日(火)
仕事前と後に納屋壊しと片づけ。ほぼ形はなくなり、あとは分別だ。すっきり! うれしい(^-^)!
2011年4月14日(木)
農家さんのビニールハウスへのスイカ定植、すべて終了! これからは露地の準備だ。
2011年4月15日(金)
今日でひとまず農家さんへの手伝い期間がひと段落。また絵描き期間に入る。帰りにアイヌネギの苗をたくさんもらう。さっそく植えようと思って家の畑をうろうろしていると、去年植えてすっかり影も形もなくなっていたアイヌネギが出ている! びっくり。うれしいなぁ。ちゃんと根付いてたんだ(^-^)。
2011年4月16日(土)
もらったアイヌネギの苗を定植。近所のホームセンターで、播種用の苗床や土、作物の苗、透明プラスチックのふたと土などを購入。
2011年4月17日(日)
播種! まずはなす、ピーマン、えんどう豆、かぼちゃ、ミニトマト2種、コリアンダーを各6種ずつ。プラスチックふたをかぶせ、メネデール100倍液をじょうろでかけて日当たりのいい家の2階に置く。
<4/18~4/22 函館線の駅描き遠征 黒松内~森>
2011年4月23日(土)
遠征から帰ってきてみると、芽もふくらんでいたブルーベリーの枝がずいぶん折れている! 強風の影響だろうか…!? 春の嵐は毎年のように訪れるわけだし、まだ冬囲いを解くべきではなかったんだ(T_T)。勉強して、来年からの改善点に。播種床はまだ発芽していなかった。アイヌネギは順調に生育しているようす。また鉄くず屋に来てもらい、解体した納屋から出た鉄くずを持って行ってもらう。すっきり!(^-^)
2011年4月24日(日)
畑を見回ったら、山わさびの葉が出てきているのを見つけた。よしよし。
2011年4月26日(火)
納屋があった場所から木やごみを全部どかす。丸一日ずっと片づけ。そうして、ついにイマイ畑#2の全貌が明らかに!! これが2面目の畑だ! やっとここまで辿り着いたぞ。感動!(TоT)☆
2011年4月27日(水)
去年植えたニラがどんどん出てくる! また、ネギも勝手に生えてくるので、今日はそのネギを晩御飯に。やや風味や辛みがきついけど、これが自生の味かな。食費も節約出来るし、素晴らしい!(^-^) とうきび、枝豆、マリーゴールドをさらに播種。
2011年4月28日(木)
ブルーベリーの花芽を切ってやる。葉芽が伸長して、どんどん茂ってくれるといいな。ただ、切る時期としてはちょっと遅かったかも。
2011年4月30日(土)
納屋解体跡の地面、畑にするために試しにスコップで掘ってみると、石だらけ! 元々入れてあったのかもしれない。このままじゃ何植えたって育たんべなー。さて、どうしたもんやら。
2011年5月1日(日)
えんどう豆に次いで、ミニトマト発芽! 5本も出た。この調子でどんどん行きたい。富良野地方は雨続きで、農家さんも畑に機械を入れられないようす。本当は今日から農作業期間スタートだけど、しばらく自宅待機(-_-)。
2011年5月3日(火)
コリアンダー発芽! マリーゴールドも、早くも発芽!
2011年5月4日(水)
かぼちゃ、発芽。実家から、「植えてみて」と、ウコン、しょうがの根、それにエジプト豆など、珍しいものの種が送られてくる。しかし、雨、よく降るなぁ…。
2011年5月5日(木)
えんどう豆をマットからポットへ鉢上げ。また、ラベンダーとエジプト豆を播種。
2011年5月7日(土)
イマイ畑に生えている水仙の花をスコップで抜く。アスパラのようすをうかがってみたが、全然根付いていないようす。がっかり…、と思っていたら、何とセル苗、ポット苗のアスパラから芽が! 小さい小さい紫色の芽。何て健気なんだろう。あの寒い冬も越冬したんだ。たくましいなぁ。畑のほうもあらためて地面に顔を近づけて見ると、ほんの小さい芽が確認できた。俄然やる気に!!(^о^)☆
【コラム19】春の歓び
寒さから解放されることが、これまで最大の春の歓びだった。それが、畑を持つことで、作物が芽吹くという得も言われぬ歓びを知ることになった。作物が小さな芽を出し、葉を付け花を付ける。その姿に心安らぐのは、自分たち人間も彼らと変わらぬ生き物だからこそかも知れない。小さいながらも一生懸命生きる姿は、感動を呼び起こす。今までついぞ知ることのなかったこんな春を迎えて、僕は僕自身、畑作業をやり始めてよかったなぁと、じわーっと感じたのであった。
2011年5月8日(日)
やっとお声がかかり、久々に農家さんの手伝い復活! ハウス内のスイカのツル整理。今日も一日雨模様だった。
2011年5月9日(月)
家庭菜園の一面を鍬で起こし、黒いマルチ(黒いのは雑草が生えない)を敷く。
アスパラに硫安(窒素分の肥料)をやる。
2011年5月10日(火)、11日(水)
農家さんの手伝いはスイカのツル整理。
2011年5月12日(木)
農家さんの手伝いは、露地の準備でトンネルに使う曲りポール配り。久々の外仕事だ。
2011年5月13日(金)、14日(土)
農家さんの手伝い、スイカのツル整理。イマイ畑では、ブルーベリー、ハスカップなどの果樹の花芽が膨らむ。アスパラは順調。
2011年5月15日(日)
農家さんの手伝い、スイカのツル整理、芯止めなど。ここで今月の農業手伝いも一旦終了。農家さんから、レタス、オクラ、ブロッコリー、ミニトマトなどの苗をもらって帰ってくる。さっそくレタスを定植。
…後編へつづく
2011年4月~5月(後編)を読む
2~3月へ