2~3月へ

2012年4~5月(前編)アスパラにょきにょき!3年目の芽吹きの春

2012年4月1日(日)
いよいよ2012年のシーズンイン!今日から本格的に農作業手伝いがスタート!今日は育苗ハウス内でスイカの苗の夕顔(台木の夕顔から出てくる葉っぱ)取り。
2012年4月2日(月)
ハウスのビニールかけ、10棟。よくかけた。しかし、雪。富良野に積もった11cmは道内2位の降雪量だったとか。4月だというのに、ホント寒くてよく降る。
2012年4月3日(火)、4日(水)
暴風雨のため、農作業手伝いも休みに。爆弾低気圧。
2012年4月4日(水)
トイレの断熱用資材が全て届く。色々アドバイスももらう(この日より、仕事が終わってからちょっとずつ家で大工作業)。
2012年4月5日(木)
天気も回復、農作業手伝い再開!ハウスのビニール上げの準備とスイカの芯止め。
2012年4月6日(金)~10日(火)
ハウスのビニールかけ。60棟だよ!まったく、いつもながらすごい棟数だ。9日には、家で苗床を作り、作物の種を播種。明日は快晴!いよいよ春だぞ~(^-^)
【コラム37】ビニールハウスと促成栽培
ビニールハウスを建て、その中で作物を栽培するということは、何より早く育てるという目的がある。富良野ではだいたい2月くらいからハウスのビニールかけが始まり、まだ寒い中で作物が育つ環境を作る。そして、早く育てて早く出荷する。市場にまだ十分に作物が出回っていなければ、値段も高く付いて稼ぎも大きくなる。促成栽培とはそういうことだ。イマイ畑もハウスを建てるかどうか、ずっと考えてきた。しかし、日が照ったり陰ったりするたびにまめな換気と温度調整を必要とするハウス栽培は、絵の関係で留守にすることも多々ある自分の立場ではなかなか困難な面がある。市場に出すことを考えるなら、ハウス物と露地物では全然値段が違うし、農家さんからも本気で考えるのならハウスでやったほうが確実に儲かると言われる。やっぱり手間をかけると収入につながるわけだ。いまだ促成栽培をするかどうか、決められずにいるイマイ畑。ビニールハウスを持つということは、農の場にいる者として、ささやかな憧れでもあるんだけど…。
2012年4月11日(水)
待ちに待ったスイカの定植スタート(60棟を19日まで)。寒さと雪により平年より1週間ほどの遅れで。イマイ家では、注文していた今年期待の新作物・食用ほおずきの種が届く(イタリアの種、インターネット通販で購入。最近は本当に何でもネットで買える)。早速苗床に播種。ワクワク。家の前の川は、雪解けで水位上昇。去年の大雨での避難勧告を思い出すなぁ。
2012年4月12日(木)
快晴の春らしい1日。夜空に満点の星(^-^)☆
2012年4月15日(日)
去年秋に切り倒して放置したままの木を集め、伐る。早くも冬への薪作り。晩、アスパラ畑に有機化成肥料を撒く。
2012年4月16日(月)
晩、アスパラ畑に硫安を撒く(翌日、雨。タイミングばっちり!)。播種した苗床から今季第一号・えんどう発芽!!(^о^)
2012年4月20日(金)
農家さん家にて、定植したスイカの芯止め回り。腰痛ぇ~!!これで4月の農作業手伝い期間終了。よしよし。これから5月1日に復帰するまでの10日間は絵描き期間だ。有意義に、大事に使うぞ!☆
2012年4月21日(土)
朝、畑を見回り。雪も解けた果樹ゾーン、ブルーベリーなど果樹はみな雪囲いしていたものの、雪の重みで枝折れが散見。去年風で折れてしまったことを思い出す。木は死んではいないけど、毎年こんなダメージを食らっていては…。今年こそうまく冬を越せるようにしてやらなきゃ。
2012年4月22日(日)
イマイ畑の片隅で、去年植えたアイヌネギが出ている!よしよし。苗床ではえんどう、枝豆、マリーゴールドがすくすく成長。
2012年4月23日(月)
去年の秋に枯れたままのアスパラの茎を切って回ると、発見!ついにアスパラが顔を出した(^о^)!!去年より早いくらいじゃないかなぁ(日記を見たところ、去年は5月7日に発芽確認。だいぶ早いなぁ)。よしよし!これから自分の日々の予定と合わせて、うまく回していかなくちゃあ。
【コラム38】3年目のシーズンは…
今年いよいよ定植をして3年目を迎えるアスパラ畑。にょきにょき出てくるアスパラたちも、3年目ともなるとそこそこの太さになってきて、手ごたえを感じる。しかし、農家さんのアドバイスなどを聞き、もう1年!もう1年収穫を自重することにした。4年目から取っていい、それまで根っこを張らせて太くさせたほうがいい。そうでないと、ひょろひょろのアスパラばかりになるとの話。そう、出来ることなら太くて立派なアスパラにしたい。焦ることはないんだ。この一年のんびりさせ、十分な栄養を与えながら太くさせる。この一年我慢すれば、この先は毎年コンスタントに取れるのだ。取らずに放ったらかしにしているうちに、アスパラたちはすくすく育ち、すっかり長く伸びて葉っぱもいっぱい出てきた。長い下積みを経た者は、大きな花を咲かせるのだ。イマイ畑は気長に構えてじっくりいいものを育てます!
2012年4月24(火)、25日(水)
去年秋に枯れたままのアスパラの茎切りと畑からの撤去、終了。アスパラの新芽は少しずつ伸びてきてるぞ。
2012年4月26日(木)
果樹たちに添わせている木やポールを差し直し、春の強風にも倒れないようにロープでしっかり囲う。どうも果樹が好きなんだなぁ。
2012年4月27日(金)
アスパラ畑、鍬で畝切り。これでアスパラの列が見やすくなったし、水はけもよくなる。
2012年4月29日(日)
えんどう、枝豆の鉢上げ。
2012年4月30日(月)
伸びてきたアスパラ、一本折って生で食ってやった。うめぇ!!☆
…後編へつづく
2012年4月~5月(後編)を読む
2~3月へ