8~9月(後編)へ

2012年10~11月(前編)イマイ畑の3シーズン目が終了(ついに最終回)!

2012年10月2日(火)
久々の農作業手伝い復活!今日から大根の収穫がスタートだ。1町5反の広い畑。もちろん手で大根を抜く。太くて長くてデカい!!今年は虫食いも少ない上々の出来。土から抜いたり、それをコンテナに詰めて軽トラに積んで運んだり、一日中よく動いた。また、仕事前の朝6時半過ぎからイマイ畑の堆肥撒きを少々。やっぱり農作業は気持ちがいい!
2012年10月3日(水)
展覧会の都合で大根収穫の作業を昼までで上がらせてもらう。仕事前の朝と夕方にも少々、イマイ畑の堆肥撒きをした。
<10月4日5日、札幌駅ビル内エスタ11Fプラニスホール(展覧会場)の設営、6日「ふるさとの入口 北海道の駅舎展」展覧会スタート!7日8日も会場にてトークショーなど>
2012年10月9日(火)
展覧会場から8日の晩に富良野に戻り、9日は早速農作業手伝い復活!秋晴れの中、大根収穫作業。やっぱり身体を動かすのは快いなぁ。一方、今年のイマイ畑の栗の木はほとんど実を付けず、去年裏年だったので今年は期待してたんだけどダメみたい。どうしちゃったのかなぁ。仕事仲間が言うように、病気が入ったのかなぁ(‐_‐)。
2012年10月10日(水)
大根収穫の1日。筋肉の疲労で身体が重くなってきた(大根運びは重いのだ)。朝夕堆肥撒き。だいぶ進んだ。
2012年10月11日(木)
大根収穫。いよいよ身体が重い。イマイ畑は食用ほおずきをすべて抜いて終わらせた。初挑戦のほおずきは思った以上に育ち、存分に食べさせてもらった。来年植えるとしたら、もっと株を減らしても十分収量が取れるだろう。初年度は上出来、今年は大変お世話になりました!(^ー^)
2012年10月12日(金)
朝、イマイ畑に堆肥撒き。日中は大根収穫。これでまたひと段落、札幌の展覧会場へ。
<13日、14日、札幌エスタプラニスホール展覧会場にてトークショーなど>
2012年10月15日(土)
大根抜きはいない間にとりあえず終わってしまったので、イマイ畑のお世話。富良野の種苗屋に行き、鶏糞(粒状ペレット)を購入、早速畑に撒く(今年の成長に対するお礼肥である)。そして、鍬でアスパラの畝間を起こす。…待てよ、さぁどうする?耕すか、不耕起にするか!?ひとまずは考えよう。さらに、漬物小屋跡を耕し、鶏糞と堆肥を入れさらに耕して起こす。四方にいらないブロックを配置。これで花壇の完成!
夜、今季初の薪ストーブ点火。洗濯物もよく乾く(火事には気を付けなきゃ)(^ー^)
【コラム46】不耕起栽培
「不耕起栽培」という言葉を最近よく耳にする。読んで字のごとく、畑を耕さないで作物を栽培する方法である。不耕起栽培のメリットは、何と言っても作業の省力化。機械にしろ人力にしろ、畑を耕すのはひと苦労。その行程を省くことが出来るのは非常に大きい。また、耕起することは土を移動させて(ひっくり返して)更新することであるが、土の移動により病気を蔓延させる恐れはあるし、肉眼では見えない土壌生物(細菌や原生動物など)が形成する生態系を、耕起のたびに破壊してしまう。たとえば、山を考えてみよう。山は誰かが耕したりするわけではないんだけど、それでも植物は育っているし、動物も菌類も交えた豊かな生態系のバランスが確立されている。自然の姿とは、要するに不耕起栽培なのである。
基本的に耕起(耕耘)とは、雑草の種を土壌の深部に移動させ、また雑草の根系を破壊することであるが、今年のイマイ畑を見る限り、耕起しない畑のほうが意外と雑草が少ないことに気が付く。果たしてどちらがいいのだろう。これもまた、作業をしていく中で経過を観察しつつ、よりよい方を選んでいきたいと思う(不耕起栽培の方が圧倒的に仕事は楽なので、不耕起でやりたいなぁ)。
2012年10月16日(日)
鶏糞をイマイ畑の全てに撒き終えた。アスパラ畑は昨日数列鍬で起こしたけれど、あとは不耕起にしておこうと思う(やっぱり人力で耕すのは重労働だった)。また、初めて台付きの丸のこを使って薪切り。はかどった。
2012年10月17日(月)
午前から薪切り。午後3時までやって、だいぶ切った。今年はもうこれくらいでいいだろうか。
2012年10月18日(火)
今日はお声がかかり、農作業手伝いに。泥付き大根を収穫し、富良野公設市場に持っていって出荷。
2012年10月19日(水)
庭の木の枝葉切り。イマイ家で一番立派なオンコの木に登ったら、下から眺めるよりはるかに高く感じ、縮み上がった。「降りられない…」と不安になって人でも呼ぼうかなと弱気になったが、何とか木にしがみ付いて降りた。あー怖かった。枝は無事きれいにカット出来た。これで家の中の日当たりもだいぶよくなるだろう。
<20日21日22日、札幌エスタプラニスホール展覧会場へ。21日をもって16日間の北海道の駅舎の絵の展覧会終了。22日、会場の撤収も無事終了!よかった>
2012年10月23日(火)
雨。朝、トラクターを借りて畑を起こそうと思っていたけど、中止に。
2012年10月25日(木)
この前切った木の片付け。家の窓に断熱用ビニールを張る。もう断熱をするような季節になったんだなぁ。
2012年10月27日(金)
ブルーベリーの根元にわらを敷く(根元の保護と保水のため)。また、囲い棒を木の周囲に立てる。
2012年10月28日(土)
昨日立てたブルーベリーの囲い棒にロープを巻き、冬囲い終了。これで今年の冬はブルーベリーの枝、折れずに済むかなぁ。紅葉するブルーベリーの葉。素敵だ(^ー^)。
2012年10月31日(水)
朝6時半に農家さんにトラクターを借りに行き、畑の空き部分を起こす。懸案だった仕事がやっと解決。この起こした土地に堆肥と鶏糞を撒いて来年の準備をしよう。お隣の畑の農家さんが薪用にと廃材を運んできてくれる。薪用の木材は貯蓄も豊富!
…後編へつづく
2012年10月~11月(後編)を読む
8~9月(後編)へ