農style file

"農"では、新規就農や、農業法人への就職、アルバイト、派遣、ボランティアなど、働き方も様々。そこに辿り着く道のりも人それぞれ。

home > “農”という仕事 それぞれの道

newVol.92013.05.22 UP

vol.9
活路は、農業生産法人にあり。
「覚悟」をもって挑み続けて夢を叶え、後進の夢をつなぐ。
有機栽培たまねぎ・特別栽培たまねぎ 中村 好伸さん(新篠津村)
1964年生まれ / 北海道出身

Vol.82012.05.10 UP

vol.8
生きていくために必要なものだから、
安心して食べられる野菜をほどほどな値段で。
酪農希望から一転、野菜農家として2009年に新規就農。
野菜・ハーブ・花など 約80種類 小畑 拓さん(帯広市)
1979年生まれ / 兵庫県出身

Vol.72011.07.01 UP

vol.7
理想の農業を求めて“放浪”の末に
たどり着いたのは、石狩市高岡での循環型農業。
石狩にこだわり新規就農して10年、ポジティブに諦めることなく、理想をカタチにしつづける。
トマト農家・養鶏農家 岩城 国男さん(石狩市)
1966年生まれ / 北海道出身

Vol.62011.01.19 UP

vol.6
建設系から農業へと転職した高橋さん、
人生初の就職先が農業法人となった山田さん。
全くの未経験から、農業生産法人への就職という方法で農の世界に入った二人。
2010年7月入社 生産部花卉課 高橋 一政さん(旭川市)
1973年生まれ / 北海道出身
2010年7月入社 生産部青果課 山田 慶介さん(旭川市)
1982年生まれ / 京都出身

Vol.52010.08.30 UP

vol.5
海上保安庁から一転、「いつかは農業」
という夢をかなえ、三笠で新規就農。
一見遠回りかと思える偶然の巡り会い巡り会い、そして夫婦の決断力が就農を実現させた。
約40品目196品種 [H22年度] 野見山 朋秀さん(三笠市)
1978年生まれ / 福岡県出身

Vol.42010.05.21 UP

vol.4
北海道の田舎暮らしを目指した移住者が、
メロンに魅せられ、新規就農。
北海道の田舎で住むという旅人のあこがれは、メロン農家という形で実現した。
メロン農家 松本 祥典さん(富良野市)
1971年生まれ / 京都市出身

Vol.32010.01.29 UP

vol.3
技術と経営センスの両輪が就農成功への原動力
兵庫県から単身で北海道へ。様々なハードルを乗り越え、長沼町でアスパラ農家として新規就農し、10年が経過した。
アスパラ農家 押谷 行彦さん(長沼町)
1970年生まれ / 兵庫県尼崎市出身

Vol.22010.01.29 UP

vol.2
経験をひとつひとつ積み上げていく。
そしてもっと牧場の役に立ちたい。
酪農学園大学卒業後、牧場に就職して二年、酪農にはまりつつある日々。
小林牧場 牟田 若菜さん(江別市)
1986年生まれ / 千葉県出身 / 酪農学園大学 酪農学部 酪農学科卒(北海道江別市)

Vol.12010.01.29 UP

vol.1
父と息子が支え合う農園。
そして、それぞれが思い描く道。
定年後の仕事に「農業」を、という父親の夢に息子も合流。札幌の既存農家の畑を徐々に譲り受けるという方法で新規就農を実現。
親子で就農 中田 浩二さん・明宏さん(札幌市南区)
父・中田 浩二(なかたこうじ) / 1951年生まれ / 十勝清水町出身
息子・中田 明宏(あきひろ) / 1976年生まれ / 帯広市出身